« 100万輪のテッポウユリ満開 | トップページ |  「貴婦人」の愛称で親しまれる蒸気機関車「C57」 »

2007年5月 5日 (土)

京都・城南宮で「曲水の宴」

平安の雅再現 京都・城南宮で「曲水の宴」

  2007年04月30日00時57分

 平安時代の歌遊びを再現する「曲水の宴」が29日、京都市伏見区の城南宮であった。新緑がまぶしい庭の水辺に、公卿(くぎょう)や女官らに扮した京都歌人協会員や書家ら7人が座り、参拝客3千人の前で短冊に歌をしたためた。

 7人はそれぞれ、和歌を書き終えると、上流から流れてきた杯を手にとってお神酒を飲んだ。

 歌題は900年前の曲水の宴で実際に採用されたという「池上花(いけのほとりのはな)」。「池の上(も)に 流星のごと 花びらの 降りたる後(のち)の 静けき夕べ」「かほる風 吹き渡りゆく 池の面に 真日(まひ)に照らひて ゆるゝ花影」などの歌が詠まれた。

キーワード1014 曲水の宴 158 太宰府 天満宮 曲水の宴 98 曲水の宴 写真 65 大宰府 曲水の宴 63 ふ ちゅう 曲水の宴 58 太宰府 曲水の宴 31 大宰府 天満宮 曲水の宴 25 曲水の宴 蘭 亭 24 毛 越 寺 曲水の宴 21 上賀茂 神社 曲水の宴 18 曲水の宴 太宰府 17 曲水の宴 大宰府 16 婦中 曲水の宴 16 曲水の宴 城南 宮 12 朝顔 曲水の宴 11 曲水の宴 太宰府 天満宮 10 城南 宮 曲水の宴 10 太宰府 曲水の宴 並ぶ 10 富山 ふ ちゅう 曲水の宴 10 曲水の宴 桃の節句

|

« 100万輪のテッポウユリ満開 | トップページ |  「貴婦人」の愛称で親しまれる蒸気機関車「C57」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都・城南宮で「曲水の宴」:

« 100万輪のテッポウユリ満開 | トップページ |  「貴婦人」の愛称で親しまれる蒸気機関車「C57」 »