« “小学生シンガーソングライター”ゆっぴの「メロンパンのうた」 | トップページ | 元007、P・ブロスナンがカメラマンと乱闘 »

2007年10月31日 (水)

モスクワにある中国料理店が、羊肉と偽って野良犬の肉を客に出していた

モスクワの中国料理店、羊肉と偽って野良犬の肉を調理

  10月31日7時40分配信 ロイター

 [モスクワ 30日 ロイター] モスクワにある中国料理店が、羊肉と偽って野良犬の肉を客に出していた疑いで捜査を受けている。ロシアの警察が30日に明らかにした。
 警察のスポークスマンは「ある女性から、何か生きた物の入った袋が夜に料理店に運び込まれており、その生き物は動いて鳴いていた、との通報を受けた」と説明。「料理店に行って肉の検査を行ったところ、健康に害を及ぼしかねない質の悪い肉で、しかも犬の肉だと分かった」と述べた。

|

« “小学生シンガーソングライター”ゆっぴの「メロンパンのうた」 | トップページ | 元007、P・ブロスナンがカメラマンと乱闘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モスクワにある中国料理店が、羊肉と偽って野良犬の肉を客に出していた:

« “小学生シンガーソングライター”ゆっぴの「メロンパンのうた」 | トップページ | 元007、P・ブロスナンがカメラマンと乱闘 »