« 「 いえそば 」 売り切れ続出 | トップページ | B’zがシングル1位獲得作品数40作 »

2007年10月 9日 (火)

ハラーマン・ストライフ症候群

ハラーマン・ストライフ症候群

(別名:フランチョイス・デュスセファリック症候群、ハラーマン・ストライフ・フランチョイス症候群…etc.)は身体と頭蓋の構造、そして毛髪の伸長に関係する疾患である。

この症候群の患者は一般的に身長が平均より低い。症状にはこの他、顔面、足、生殖器における部分的脱毛が見られる。患者の多くはまた、歯牙の異常発達や局所的歯牙の発育、この他視力障害や眼球のサイズの異常が見られる。 この疾患の患者は全世界で200例報告されている。 ハラーマン・ストライフ症候群の患者組織が、ドイツに「シャッテンキンダー e.V.」本部を置いている。

|

« 「 いえそば 」 売り切れ続出 | トップページ | B’zがシングル1位獲得作品数40作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハラーマン・ストライフ症候群:

« 「 いえそば 」 売り切れ続出 | トップページ | B’zがシングル1位獲得作品数40作 »