« 「思い出に残っているドラマ」のランキング。1位には「3年B組金八先生」 | トップページ | フィンランドの学校で18歳生徒が発砲、本人含む9人死亡 »

2007年11月 8日 (木)

防衛省「ガンダムの実現に向けて」新装備を公開

“ガンダム”新装備を公開 暗視カメラに生体認証、ファンネル?も

 防衛省技術研究本部が防衛技術の講演、展示を行う研究発表会が7日、東京都新宿区のホテルグランドヒル市ケ谷で開かれ、「ガンダムの実現に向けて」と題されたシステムが展示された。展示品の資料として人気アニメ「機動戦士ガンダム」の言葉が登場したことから、インターネットなどで話題となり、例年よりも多くの見学者が集まった。

 「ガンダム」と名付けられたのは「先進個人装備システム」で、自衛隊員が陸上戦闘で装備する“未来”のシステム。暗視機能やインターネット閲覧もできる超小型モニター付きヘルメット、体温を識別して隠れた敵兵士を探知するスコープをつけた銃などを装備し、無線通信で敵味方の位置情報を共有するなどして、隊員の戦闘力、部隊の展開力を向上させる狙い。敵に装備が奪われても生体認証で情報漏れを防いだり、筋力を向上させるパワードスーツの実装も盛り込まれている。

 展示された装備の重さは約9キロで、バッテリーは約8時間持続する。実際に自衛隊員に装備したテストもするなど研究を進めており、「バッテリーをもっと長くして欲しい」などの意見を取り入れ、改良を重ねるという。

 また、「機動戦士Zガンダム」でニュータイプのパイロットが自在にコントロールする兵器「ファンネル」を思わせるような空中に静止するミサイルや、偵察用小型ロボットなど、まさに「ガンダム」を思わせる新装備も展示され、来場者の注目を集めていた。 同本部は「『ガンダム』という言葉は、あくまでもイメージ。だが、話題になって国民に研究を知ってもらうきかっけとなったことは喜びたい」と話している。発表会は8日まで。入場無料。

|

« 「思い出に残っているドラマ」のランキング。1位には「3年B組金八先生」 | トップページ | フィンランドの学校で18歳生徒が発砲、本人含む9人死亡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防衛省「ガンダムの実現に向けて」新装備を公開:

» 綾瀬はるかの新CMに視聴者あ然!又もやおっぱい作戦 [驚愕の見放題動画投稿サイトALL動画だ]
カルピスウォーターのCMでお母さんの乳から母乳が出る事を連想させ、パツンパツンの青いTシャツで隠れ巨乳を大アピールの次にとんでもないCMが!!みなさんご自分でご確認どうぞ。 [続きを読む]

受信: 2007年11月 8日 (木) 16時53分

« 「思い出に残っているドラマ」のランキング。1位には「3年B組金八先生」 | トップページ | フィンランドの学校で18歳生徒が発砲、本人含む9人死亡 »