« 今年末の大掃除で妻が夫に最も手伝って欲しい場所 | トップページ | <エスカレーター>横浜地下鉄「歩かないで」 構造上想定外 »

2007年11月26日 (月)

櫻井翔・映画「ヤッターマン」の主演

09年春「ヤッターマン」実写で映画化!主演に嵐・櫻井翔

  11月26日8時1分配信 サンケイスポーツ

 人気グループ、嵐の櫻井翔(25)が平成21年春公開予定の映画「ヤッターマン」(三池崇史監督)の主演を務めることが25日、発表された。同作は来年1月14日から日本テレビ系で復活放送される人気アニメの実写版。櫻井が演じる主人公のヤッターマン1号(高田ガン)は、数々のメカを製作し、三悪党のドロンボー一味と戦う正義のヒーローだ。

 櫻井は「子供のころの記憶に染みついている、あのキャラクター、あの曲、あの名台詞の世界に参加できること、今からワクワクしています」と意気込みのコメント。原作では派手なアクションも人気だっただけに、実写でどれだけ再現できるかがポイントとなる。

 「櫻井さんがやってくれれば、キレイでかっこいいアクションになると思います」とは千葉善紀プロデューサー(42)。悪を倒し、決め文句の「ヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えない!」という叫びシーンも織り込まれる。

 今後は12月中にヒロインのヤッターマン2号(アイちゃん)、来年1月中に悪役のドロンジョ、ボヤッキー、トンズラーなどのキャストが決まる予定だ。

 昭和52年の第1話放送開始以来、一世を風靡してきた「ヤッターマン」。単独初主演の「はちみつとクローバー」や「木更津キャッツアイ」シリーズなどに続き、6作目の映画出演となる櫻井が新たな一面を見せる。

|

« 今年末の大掃除で妻が夫に最も手伝って欲しい場所 | トップページ | <エスカレーター>横浜地下鉄「歩かないで」 構造上想定外 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 櫻井翔・映画「ヤッターマン」の主演:

« 今年末の大掃除で妻が夫に最も手伝って欲しい場所 | トップページ | <エスカレーター>横浜地下鉄「歩かないで」 構造上想定外 »