« ニューヨークの冬の風物詩のロックフェラーセンター前の巨大クリスマスツリー | トップページ | ヒョウに似せた交配種の猫を作り出し、2万2000ドル(約240万円)で »

2007年11月30日 (金)

アグ・ブーツ

UGG AUSTRALIA「アグ・オーストラリア」

1978年、オージーのブライアン・スミスによって設立されたアメリカ/カリフォルニア州の会社です。それ以来UGG(アグ)を筆頭にシープスキンブーツはカリフォルニアのサーファー達によって愛用されてきました。

アグに使用される良質のシープスキンは防水性も高く氷点下の環境にも耐え得る性能と、 湿気を逃がし「夏でもムレない」といった性能を兼ね備えています。

このずん胴型のブーツは総称して 「アグ・ブーツ」と呼ばれるほど、UGGのデザインが基本となっています。 あまりの人気に、アメリカや日本国内でさえ品薄状態が続くアグ。

希少性の高い本物のシープスキンブーツ&シューズをお届けいたします。

シープスキンは「しなやかさ」「軽さ」「暖かさ」を兼ね備えた理想的な羊皮素材です。「シボ」と呼ばれる表面の美しいこじわが特徴です。肌ざわりが抜群に良く、レザー製品の素材としては申し分ありません。さまざまな表面仕上げが可能で、アイテムも豊富です。

● スムース仕上げ
自然の風合いをそのまま生かした艶やかな仕上げ方法。ラム(小羊の皮)の場合、きめ細かさやしっとりした感触といった、本来の特徴がよく出ていて、高級感があります。

● ヌバック仕上げ
表革の表面を、サンドペーパーを使って起毛させたもの。裏革を起毛させたスェードに比べ毛足が短く、ソフトでベルベットのような仕上りになります。

● スウェード仕上げ
革の裏面を細かく起毛し、ケバ立たせたもの。毛足が長く見た目にも、また実際の手触りもソフトで、表革とは違った柔らかな雰囲気に根強い人気があります。

|

« ニューヨークの冬の風物詩のロックフェラーセンター前の巨大クリスマスツリー | トップページ | ヒョウに似せた交配種の猫を作り出し、2万2000ドル(約240万円)で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アグ・ブーツ:

« ニューヨークの冬の風物詩のロックフェラーセンター前の巨大クリスマスツリー | トップページ | ヒョウに似せた交配種の猫を作り出し、2万2000ドル(約240万円)で »