« ロシア土産の代表格マトリョーシカが再ブレイク! | トップページ | ペ・ヨンジュンさんがドラマの撮影中に重傷 »

2007年11月16日 (金)

オシム監督、緊急入院 脳梗塞で倒れる

オシム監督、緊急入院 脳梗塞で倒れる

  11月16日16時58分配信 産経新聞

 サッカー日本代表のイビチャ・オシム監督(66)が16日未明、千葉県浦安市の自宅で倒れ、大学の付属病院に緊急入院した。急性脳梗塞とみられ、集中治療室で手当てを受けているという。詳しい症状は不明だが、病状次第では後任監督の人選も急がなくてはならなくなった。
 関係者によると、オシム監督は息子でジェフ千葉監督のアマル氏と同居する浦安市の自宅で倒れてたいた。オシム監督は昨年の監督就任以来、健康面を不安視する声があたが、毎月、健康診断を欠かさず受け、就任時よりも検査数値は改善されていたという。
 14日には埼玉スタジアムで行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝の浦和-セパハンを観戦していた。
 同日、緊急会見した日本サッカー協会の川淵三郎キャプテンは。「本日午前2時、(サッカー・イングランドの)プレミアリーグを見た後、二階に上がった後、倒れ、順天堂大学病院に入院した。急性脳梗塞で症状は不安定で長期的展望については現段階ではお話できない」と説明。病状については、「医療チームが最善の管理をしている」としたが、「本当にショックで、今は代表チームがどうこういうよりもオシム監督に直ってほしいと、命をとりとめてほしいと…」と目をうるませて絶句した。

|

« ロシア土産の代表格マトリョーシカが再ブレイク! | トップページ | ペ・ヨンジュンさんがドラマの撮影中に重傷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オシム監督、緊急入院 脳梗塞で倒れる:

« ロシア土産の代表格マトリョーシカが再ブレイク! | トップページ | ペ・ヨンジュンさんがドラマの撮影中に重傷 »