« ミスター・スキンが選ぶ2007年のベスト・ヌードシーン | トップページ | 厚労相、初めて原告に謝罪=「心からおわび」評価の声も-薬害C型肝炎問題 »

2007年12月 4日 (火)

神田うの「バックと靴とお帽子を運んだだけで、2トントラックを使いました」

神田うの、引越しでの“2トン車”使用法でセレブぶりを見せつける

  12月4日14時1分配信 オリコン

 タレントの神田うのが4日(火)、自身がデザイナーを務めるウエディングブランド『Scena D'uno(シェーナ・ドゥーノ)』の新作コレクションを都内で発表。新居への引越しについて聞かれると「バックと靴とお帽子を運んだだけで、2トントラックを使いました」と常人からはかけ離れたセレブぶりを見せつけた。

 ブラウン地に大きなピンクのハートをあしらったドレスなど、自身もモデルとしてショーに参加したうのは「自分が作りたい物を作ってきて、出てもらいたい人に出てもらっています」とゲストモデルとして4点のウエディングドレス姿を披露した冨永愛を紹介。冨永が同ブランドを「女性の可愛らしさを表現していて、トップブランドですね」と賞賛すると、うのは「全然まだまだぺーぺーなんで」と言いつつも顔からは笑みがこぼれた。

 結婚後初のコレクションの心境を聞かれると「変わらない。いつもどおりです」とあっけらかんと話し、新居への引越しについては「まだ行ったり来たりでそれどころじゃないんです。バックと靴とお帽子を運んだだけで、2トントラックを使いました」とセレブぶりを披露していた。

 今回のコレクションでは、今年10月に行った『感謝祭(結婚披露宴)』のテーマカラーであるブラウンとピンクをメインに、ゴージャスでグラマラスなドレス、リボンやハートをあしらった可愛らしいドレスが披露された。

|

« ミスター・スキンが選ぶ2007年のベスト・ヌードシーン | トップページ | 厚労相、初めて原告に謝罪=「心からおわび」評価の声も-薬害C型肝炎問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神田うの「バックと靴とお帽子を運んだだけで、2トントラックを使いました」:

« ミスター・スキンが選ぶ2007年のベスト・ヌードシーン | トップページ | 厚労相、初めて原告に謝罪=「心からおわび」評価の声も-薬害C型肝炎問題 »