« 湖氷が稲妻のように隆起する「御神(おみ)渡り」 | トップページ | 藤原紀香&陣内智則夫婦で紅白審査員 »

2007年12月26日 (水)

正月早々ウケる「お年賀メール」をつくってみませんか?

R40秋葉原電脳日記 ~アキバお年賀メールは「自分3Dキャラ」

 年々年賀状を出す人が減り、代わりにメールでという人が増えているでしょう。せっかくですから、メールにひと味加えて、正月早々ウケる「お年賀メール」をつくってみませんか?

「自分3Dキャラ」という不思議な世界

 『踊るデジカメ写真IT’s Me!』というソフトは、自分の写真をそのまま使って不思議な3Dキャラをつくることができます。それだけでもけっこうおかしいのですが、さらにその「自分3Dキャラ」をコスプレさせたり、お化け屋敷や花畑で踊らせたり、アニメーションに加工したオリジナルな作品ができるのです。これはGifというファイルにできるので、それをお年賀メールにくっつけて送るのはいかがでしょう?

 デジカメでもケータイのカメラで撮ったものでも良いので、自分の写真を「丸い顔」「細い顔」などのモデルに合わせ、素材写真の「両眼」「鼻」「口」と重ね合わせてベースの「自分のキャラの顔型」をつくります。それから、髪型や服装、背景や持ち物などを好きなようにアレンジして、最後に書き出せば、あら不思議。自分の顔をした3Dのキャラが踊ったり、がっくりしたり、電話をかけたり自由にアクションを決めることができるのです。

 わたしの例は「特殊部隊のフジキ」という3Dのキャラになりました。このソフト、グリーティングカードなどにも加工できるのですが、その種類やデザインなどについては、もう少しバリエーションが欲しかったところですね。まあ、基本的には「自分3Dキャラ」制作ソフトだと思えばお値頃感もありかも。

|

« 湖氷が稲妻のように隆起する「御神(おみ)渡り」 | トップページ | 藤原紀香&陣内智則夫婦で紅白審査員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正月早々ウケる「お年賀メール」をつくってみませんか?:

» http://hiroseno.ninja-web.net/index.html [写真で見出す真実の幸せ,正月早々ウケる「お年賀メール」を]
[続きを読む]

受信: 2008年1月 6日 (日) 12時52分

« 湖氷が稲妻のように隆起する「御神(おみ)渡り」 | トップページ | 藤原紀香&陣内智則夫婦で紅白審査員 »