« データの書き換えが可能な「HD―DVD」搭載ノートパソコン「Qosmio(コスミオ)」 | トップページ | 「いきなり!黄金伝説。」フグの肝臓を使った料理で行政指導 »

2007年12月19日 (水)

緑茶を多く飲む人は進行した前立腺がんになりにくい

進行前立腺がん、緑茶でリスク減=全体では関連見られず-厚労省研究班

  12月19日12時1分配信 時事通信

 緑茶を多く飲む人は進行した前立腺がんになりにくいことが19日までに、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター部長)の大規模疫学調査で分かった。1日5杯以上飲む人は、1杯未満の人の約半分のリスクだった。緑茶の進行前立腺がん予防効果を示す研究は初めてという。
 調査は1990年と93年、全国10地域の40~69歳の男性約5万人の食習慣などを調べ、2004年末まで追跡。この間に404人が前立腺がんと診断された。
 緑茶を飲む頻度でグループ分けしてリスクを比較したところ、前立腺がん全体でははっきりした関連が見られなかった。ただし、前立腺内にとどまる早期がん(271人)と、外に広がっている進行がん(114人)に分けると、進行がんは緑茶の摂取量が多いほどリスクが低く、1日5杯以上の人では1杯未満の人の0.52倍だった。 

|

« データの書き換えが可能な「HD―DVD」搭載ノートパソコン「Qosmio(コスミオ)」 | トップページ | 「いきなり!黄金伝説。」フグの肝臓を使った料理で行政指導 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緑茶を多く飲む人は進行した前立腺がんになりにくい:

« データの書き換えが可能な「HD―DVD」搭載ノートパソコン「Qosmio(コスミオ)」 | トップページ | 「いきなり!黄金伝説。」フグの肝臓を使った料理で行政指導 »