« 今春、スペシャル版でゴールデン進出『SP』視聴率が過去最高 | トップページ | 試合の行方に注目が集まるハンドボールのルールや楽しみ方 »

2008年1月29日 (火)

ジェーン・バーキンの生き方

Jane Birkin | ジェーン・バーキン

1946年12月14日 英国ロンドン生まれ。17歳から女優として活躍後、フランスに移住、フランスのマルチ・アーティスト、セルジュ・ゲンズブールと衝撃の出会いを果たす。1969年、ゲンズブールと共に「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」を発表以後、儚げで、繊細な声は彼女のブランドイメージとなり、ゲンズブールはその彼女を最大限に生かす為の多くの曲を生み出す。この間、歌手としてだけではなく、女優としても30本にも及ぶ映画に出演。1999年「想い出のロックン・ローラー」(1978)収録の「無造作紳士」がTBSドラマ「美しい人」の主題歌に使用され、この曲を収録した「ベスト」アルバムは、30万枚を超える大ヒットとなる。2003年には、ゲンズブールの曲をアラブの東洋的なリズムにより蘇らせた「ARABESQUE (アラベスク)」で、日本ツアーを行い、大成功を収める。2007年、ジェーンも出演する、初監督作品「Boxes」がカンヌ映画際に招待をされる。 エルメス社のバーキン・バックの由来ともなるジェーンは、国境なき医師団のサポートメンバーとして戦禍のサラエボを訪問し、子どもたちのために歌い、アムネスティーの人権活動も支援するなど、様々な社会活動に取り組んでいる。

長女 ケイト・バリーは、写真家
次女 シャルロット・ゲンズブールは、歌手としても活躍をする、フランスを代表する女優
三女 ルー・ドワイヨンもまた、女優として活躍

|

« 今春、スペシャル版でゴールデン進出『SP』視聴率が過去最高 | トップページ | 試合の行方に注目が集まるハンドボールのルールや楽しみ方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジェーン・バーキンの生き方:

« 今春、スペシャル版でゴールデン進出『SP』視聴率が過去最高 | トップページ | 試合の行方に注目が集まるハンドボールのルールや楽しみ方 »