« ファッションブランド「TOGA(トーガ)」北堀江にオープン | トップページ | 矢口真里“ウルトラマン”とお泊まり交際 »

2008年1月31日 (木)

男だけ!チョコ専門バー

<バレンタイン>男だけ!チョコ専門バー登場 「本物の味」ブームに

 バレンタインデーを前に百貨店などで特設されるチョコレート売り場。本命、義理用とチョコの品定めでにぎわうこの場所で、近年“異変”が起きている。男性客が単独で、またはグループでチョコレートを買いにきているというのだ。買っていくのは主に高級チョコ。「自分へのごほうび」にと買っていく女性たちが増えている中で、こだわり志向の男性にもブームが訪れているようだ。

 今月22日、新宿伊勢丹本店で翌日から開催されるチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」のプレビューが行われた。世界のトップショコラティエ(チョコレート職人)が集い、高級チョコブランドが登場するこの祭典は6回目を数え、今年は13カ国約55ブランドが参加。1箱約4000円もする品が人気で、ショコラティエの説明に熱心に耳を傾ける男性の姿も目立った。

 人気ブランド店の前で並んでいた40代の男性会社員は、「数年前、パリでショコラティエの味を体験して以来、チョコレートの魅力にとりつかれた。普段お目にかからないものでもバレンタインの時期には手に入る」と語り、手にはすでに数個のチョコの紙袋が。自宅で、お茶やコーヒーと一緒にチョコを食べてリラックスするのだという。また20代の男性は自身も菓子職人といい、「味に男女の違いはない」と語る。2人とも多くの女性客に交じって買い物をすることに対しては、「抵抗ない」とのことだった。

 そごう・西武百貨店が昨年末、男性(2054人、10~60代)を対象に実施したアンケートでは、「バレンタイン時期にチョコを買ったことがある」の問いに、35%が「ある」と答え、「ないが買ってみたい」を含めると、約4割にものぼる結果となった。「どんなチョコが欲しいか」にも、国内外のブランドやパティシエのものを半数近くが希望し、「高級・希少」志向が顕著に。

 こうした傾向を受けて、シブヤ西武では2月1日から、紳士服フロアに男性のための「ショコラ・ティステイングバー」を開設する。女性の目を気にせずに、男性が気軽にチョコと接するきっかけになれば、との狙いだ。「ル ショコラティエ タカギ」など4ブランド6種類(6~8個入り)を2500円前後で提供するほか、9~11日にはスイスの高級チョコ「フェルクリン」の試食もできるという。

 また西武百貨店池袋本店では、1月16日~27日まで事前のカタログ予約を受け付けたところ、全体の約1割が男性の予約だったという。「今季は男性誌でもチョコ特集が組まれたり、男性のチョコブームは続く」(関係者)とし、店側も新たな購買層となる男性客には大いに期待を寄せているようだ。

 男も女もチョコに心躍るバレンタインシーズン。かつて男たちが杯を傾け、酒を語ったように、近い将来、男性がチョコを片手にウンチクを語る時代がくるかもしれない。

|

« ファッションブランド「TOGA(トーガ)」北堀江にオープン | トップページ | 矢口真里“ウルトラマン”とお泊まり交際 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男だけ!チョコ専門バー:

» チーズピザ!!食べたい!! [にゃんこのニャンコ日記♪]
とぉ〜ろぉ〜けぇ〜るぅ〜チぃ〜ぃズみぃたぁ〜いこぉいぃをぉ知らなぁい2人。ウチとおねえのこと!?ねえ?そうなの!?鐓�鐓�─( [続きを読む]

受信: 2008年2月 1日 (金) 03時12分

« ファッションブランド「TOGA(トーガ)」北堀江にオープン | トップページ | 矢口真里“ウルトラマン”とお泊まり交際 »