« 「ふたりは感動を分かちあっています」――ブログの“相性”判定サービス | トップページ | なんてったって、じゅうろくまんはっせんえんですから »

2008年2月10日 (日)

ギザの3大ピラミッドで揚げ大会

ピラミッド 日本のたこ揚げ大会開く 数百枚が砂漠の空に

カイロ近郊ギザの3大ピラミッドで8日、たこ揚げ大会が行われ、数百枚の連だこや和だこが砂漠の空に舞い上がった。

 日本とエジプトの両政府が08年を「日本・エジプト科学技術年」としていることから在エジプト日本大使館と国際交流基金カイロ事務所が共催。「地元の人たちに体験してもらうことが一番の文化交流」と大橋栄二さん(76)=東京都練馬区在住=が指導に当たり、日本とエジプトの子供ら約250人が交流した。

 この日、毎年恒例の「ピラミッド持久走大会」で健脚を競ったカイロ日本人学校(戸崎勝校長、児童生徒47人)の子供らも「ピラミッドより高いかな」と手作りだこの糸をたぐった。

|

« 「ふたりは感動を分かちあっています」――ブログの“相性”判定サービス | トップページ | なんてったって、じゅうろくまんはっせんえんですから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギザの3大ピラミッドで揚げ大会:

« 「ふたりは感動を分かちあっています」――ブログの“相性”判定サービス | トップページ | なんてったって、じゅうろくまんはっせんえんですから »