« 貫地谷しほりが4月スタートのテレビ朝日系ドラマ初主演 | トップページ | 盗まれたゴッホとモネ戻る »

2008年2月20日 (水)

「第59回京おどり」を前に芸舞妓ら衣装合わせ 

京おどり 芸舞妓ら衣装合わせ 4月の本番前に

 京都市東山区の宮川町歌舞練場で19日、「第59回京おどり」(4月5~20日)を前にした衣装合わせがあった。本番同様の衣装に身を包んだ京都五花街の一つ、宮川町の芸舞妓(げいまいこ)が、パンフレットなどに使う舞台写真の撮影に臨んだ。

 今年の演目は京都の花の名所を巡る「花都名所類聚(るいじゅ)」(全7景)。「源氏物語千年紀」にちなみ、第3景で「宇治十帖花琴(うじじゅうじょうはなのこと)」を演じる。

 初舞台を踏む舞妓も11人おり、華やいだ雰囲気の中にも少し緊張した面持ちでカメラに向かっていた

|

« 貫地谷しほりが4月スタートのテレビ朝日系ドラマ初主演 | トップページ | 盗まれたゴッホとモネ戻る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「第59回京おどり」を前に芸舞妓ら衣装合わせ :

« 貫地谷しほりが4月スタートのテレビ朝日系ドラマ初主演 | トップページ | 盗まれたゴッホとモネ戻る »