« 「篤姫酵母」から芋焼酎 | トップページ | 三菱電機レーザーを光源にしたリアプロジェクションテレビの65インチ試作機を公開 »

2008年2月17日 (日)

『R-1ぐらんぷり 2008』なだぎ武が史上初のV2

R-1ぐらんぷり、なだぎ武が史上初のV2達成で大号泣!

 一人話芸日本一を決める『R-1ぐらんぷり 2008』の決勝が17日(日)、都内で開催され、昨年王者に輝いた、なだぎ武(ザ・プラン9)が史上初の2連覇を達成し、優勝賞金500万円と“ピン芸人日本一”の称号を再び手に入れた。

 初の生放送で行われ、過去最高となる2731人の出場者が参加し、文字通り史上最大の“ピン芸人”の祭典となった今大会。昨年決勝戦まで駒を進めた、チュートリアル・徳井義実や友近などの優勝候補が準決勝で敗戦するという波乱の中、決勝戦では、なだぎ武、あべこうじ、芋洗坂係長、COWCOW山田よし、世界のナベアツ、土肥ポン太、鳥居みゆき、中山功太の計8名がそれぞれ自慢のネタを披露し火花を散らした。

 この日なだぎは、得意の“デュラン”ネタではなく、学生服に身を包み“文化祭の出し物案”というテーマでネタを披露し、観客の爆笑を誘った。審査員の間寛平からも「さすがやわ~素晴らしい。言うことありません!」と大絶賛を受けた。

 並み居る強豪を押しのけ、見事決勝戦を制したなだぎは、結果を知るや大号泣で言葉にならず。惜しくも2位に敗れた芋洗坂係長とは、わずか2点差という大接戦となった。

|

« 「篤姫酵母」から芋焼酎 | トップページ | 三菱電機レーザーを光源にしたリアプロジェクションテレビの65インチ試作機を公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『R-1ぐらんぷり 2008』なだぎ武が史上初のV2:

« 「篤姫酵母」から芋焼酎 | トップページ | 三菱電機レーザーを光源にしたリアプロジェクションテレビの65インチ試作機を公開 »