« キム兄、後輩・堤下“元カノ”を「テレビでナンパ」と批判 | トップページ | 高級魚のアラ(クエ)と称して販売していた魚がアブラボウズだった »

2008年3月20日 (木)

<世界フィギュア>浅田真2位

<世界フィギュア>浅田真2位、中野3位発進 安藤は8位出遅れ 女子SP

フィギュアスケートの世界選手権は第2日の19日、当地のスカンジノービアムで女子のショートプログラム(SP)が行われ、浅田真央(愛知・中京大中京高)は今季の自己最高となる64.10点で2位と好スタートを切った。

 トップには64.28点をマークしたカロリナ・コストナー(イタリア)が立った。中野友加里(早大)は自己ベストの61.10点を出して3位と健闘。前回優勝の安藤美姫(トヨタ自動車)は59.21点で8位につけた。グランプリ(GP)ファイナル女王の金妍児(キム・ヨナ、韓国)は転倒が響いて59.85点にとどまり5位、前々回優勝のキミー・マイズナー(米国)は57.25点の9位で20日のフリーに臨む。

 第1日の18日は、アイスダンスの規定でイザベル・デロベル、オリビエ・シェーンフェルダー組(フランス)が首位に立ち、キャシー・リード、クリス・リード組(川越ク)は18位。ペアのSPでは張丹、張昊組(中国)が首位。川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組(ロシア)は3位、井上怜奈、ジョン・ボルドウィン組(米国)は10位につけた。

|

« キム兄、後輩・堤下“元カノ”を「テレビでナンパ」と批判 | トップページ | 高級魚のアラ(クエ)と称して販売していた魚がアブラボウズだった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <世界フィギュア>浅田真2位:

« キム兄、後輩・堤下“元カノ”を「テレビでナンパ」と批判 | トップページ | 高級魚のアラ(クエ)と称して販売していた魚がアブラボウズだった »