« キョンキョンと亀梨、破局していた | トップページ | 千葉市:保育料長期間滞納の会社員の給与・賞与差し押さえへ »

2008年3月13日 (木)

針金が首に食い込んだままとみられる犬

動物受難 犬の首に針金 苦しい姿に住民ら悲しむ 福岡

 福岡県鞍手町木月の住宅街に、針金が首に食い込んだままとみられる犬が出没している。子犬のころに捕獲用の針金で捕まえられた後、何らかの原因で針金が切れて逃げ出したらしい。息苦しそうにしている姿も目撃され、住民から同情の声が上がっているが、警戒心が強くてワナにもかからず、捕獲作業は難航している。  

 住民の話を総合すると、犬は雑種で2歳ぐらいの雄。子犬だった06年夏ごろから母親と思われる犬と一緒に住宅街をうろつくようになり、昨年夏ごろからは1匹で、首から針金を引きずって歩く姿が目撃されるようになった。首に血の塊があり、うみがたれていたという。

 成長した今は引きずっている針金はなく、うみも見られないが、不自然なくぼみが首回りに残っており、針金の一部が残っているようだ。興奮したり、激しく動いたりした後は「ハア、ハア」と体全体で激しく息をし、苦しそうなそぶりを見せるという。

 性格はおとなしく、見知った人から餌をもらうこともあるが、知らない人間には近づかない。ある主婦は「暴れてかまれたらと思うと、無理に捕まえることができないが、かわいそうだ」と話す。

 県鞍手保健福祉環境事務所(直方市)は昨夏から度々捕獲器を仕掛けているが、一度も掛からず「近所で餌をもらい慣れていて捕獲器内の餌に飛びつかない。早くなんとかしたいのだが」と頭を抱えている

|

« キョンキョンと亀梨、破局していた | トップページ | 千葉市:保育料長期間滞納の会社員の給与・賞与差し押さえへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 針金が首に食い込んだままとみられる犬:

« キョンキョンと亀梨、破局していた | トップページ | 千葉市:保育料長期間滞納の会社員の給与・賞与差し押さえへ »