« 浴衣生地の染め付け作業が最盛期 | トップページ | 血縁関係を調べられるDNA鑑定キットの販売を全米のドラッグストアで »

2008年3月30日 (日)

菜の花が満開

河川敷で菜の花満開 上富田町市ノ瀬(和歌山)

 上富田町市ノ瀬の富田川沿いにある小山河川敷で、地元団体が種をまいた菜の花が満開を迎えている。
 市ノ瀬河川敷環境美化花づくり推進実行委員会(谷本静宏会長)が昨年10月、約1ヘクタールに種をまき、3月初旬に咲き始めた。種は近くの河川敷で菜の花を育てている同町の「稲葉根ひろば美化推進会」(稲田泰男代表)から譲り受けた。
 カメラを持って地域の人らが訪れ、人々の和みの場となっている。谷本さんは「一ノ瀬王子を訪れる人に、花を見ながら歩いてもらえればうれしい」と話している。4月中旬まで楽しめる。

|

« 浴衣生地の染め付け作業が最盛期 | トップページ | 血縁関係を調べられるDNA鑑定キットの販売を全米のドラッグストアで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菜の花が満開:

« 浴衣生地の染め付け作業が最盛期 | トップページ | 血縁関係を調べられるDNA鑑定キットの販売を全米のドラッグストアで »