« 北京五輪の聖火リレー | トップページ | また硫化自殺 »

2008年4月26日 (土)

「光市事件死者は1.5人」で謝罪

「光市事件の死者は1.5人」 准教授の記述で青山大学長が謝罪

 青山学院大学(伊藤定良学長、東京都渋谷区)は25日、同大学の教員が個人HP(ホームページ)に記した記述が不適切だったとして、学長名義での謝罪文を大学HPに掲載した。

 問題となった記述は、国際政治経済学部の瀬尾佳美准教授(環境経済学)の個人HP内のもの。この中で「私は死刑廃止論者ではない」としつつも「少年に対する死刑には原則反対」と主張、山口県光市の母子殺害事件で殺人や強姦致死などの罪に問われた元会社員の被告(27)=犯行当時(18)=に死刑を科すのは重すぎるとして、「最低でも永山基準くらいをラインにしてほしいものだ。永山事件の死者は4人。対してこの事件は1.5人だ」「まったくの個人的意見だが赤ん坊はちょっとしたことですぐ死んでしまうので『傷害致死』の可能性は捨てきれないと思っている」などと持論を展開した。

 さらに、被告弁護団に対する懲戒処分請求を呼びかけた現・大阪府知事の橋下徹弁護士について「大阪府知事なんかエロノックだって務まったくらいですから誰でもかまいません。ま、人間の廃物利用ってところでちょうどいいじゃないですか」と述べたり、差し戻した最高裁の判事の妻について「おそらく専業主婦で、TVばっかり見ていたため洗脳され、夫の仕事にも影響したのだろう」などと書き、ネット上で批判の声が上がっていた。

 この騒動を受け、伊藤学長は「当該教員の記述は適切でなく、また関係者のみなさまに多大なご迷惑をおかけしたことはまことに遺憾であり、ここに深くお詫び申し上げます」と謝罪、「今後このようなことが繰り返されることのないよう努めてまいります」とする声明を大学HPに掲載した。

|

« 北京五輪の聖火リレー | トップページ | また硫化自殺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「光市事件死者は1.5人」で謝罪:

» 仲間由紀恵のフルヌードで演じたドラマが流出 [◆仲間由紀恵のお蔵入り映像◆]
仲間由紀恵の公開されていないフルヌードで演じたドラマが流出  [TRICK][ごくせん]と続けてヒットした裏には 仲間由紀恵版「愛の流刑地」が用意されていた http://nakayukinko8.blogspot.com/ [続きを読む]

受信: 2008年4月27日 (日) 00時00分

« 北京五輪の聖火リレー | トップページ | また硫化自殺 »