« 砂浜や水の中でも歩きやすくした「5本指サンダル」が、売れ行き好調 | トップページ | 「男児の裸慎重に」TV局に注意 »

2008年4月12日 (土)

マンボウといけすでダイビング

マンボウと泳げるダイビングが人気 千葉・館山

 定置網に迷い込んだマンボウを保護して、いけすでダイビング客らに一緒に泳いでもらう試みが、千葉県館山市の波左間海中公園で人気を集めている。房総半島南端にある波左間漁港の300メートル沖に設置された直径約50メートル、深さ約10メートルのいけすには、3月に保護されたマンボウ3匹がいる。ダイバーらはゆったり泳ぐ姿を眺めたり、写真を撮ったりできる=写真、関口聡撮影。夏には海に帰すという。

 波左間漁協の定置網には年間約400匹のマンボウがかかるが、網を上げる際に他の魚を傷つけたりするため、処分されていた。海中公園が5年前から、手間や費用を負担して保護し、「マンボウランド」として公開するようになった。ダイビング料金の一部も費用に充てている。問い合わせは、波左間海中公園(0470・29・1648)。

 波左間漁協(0470・29・0006)は、マンボウを見る観光船を今月下旬から運航する予定。

|

« 砂浜や水の中でも歩きやすくした「5本指サンダル」が、売れ行き好調 | トップページ | 「男児の裸慎重に」TV局に注意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンボウといけすでダイビング:

» 現役女教師のブログ [コメントありがとうございました]
家に帰り、手元にあるのはサランラップではなく、何故かカミソリww [続きを読む]

受信: 2008年4月13日 (日) 04時23分

« 砂浜や水の中でも歩きやすくした「5本指サンダル」が、売れ行き好調 | トップページ | 「男児の裸慎重に」TV局に注意 »