« 「母の日」を前に、切り花の出荷作業が始まった | トップページ | 「光市事件死者は1.5人」で謝罪 »

2008年4月26日 (土)

北京五輪の聖火リレー

騒然聖火リレー終了 沿道からの乱入など男5人逮捕


 北京五輪の聖火リレーが26日、長野市内であった。ギリシャで採火された聖火を80人のランナーが4時間余でつないだ。チベット問題で世界中の注目を集めたため、中国人学生やチベットの支援者などが詰めかけて市内は騒然となり、リレーに対する妨害行為も相次いだ。

 出発式は午前8時15分から長野市が所有する空き地で開かれた。北京五輪組織委員会のスタッフがランタンの火をトーチに点火。小雨模様の中、鷲沢正一市長からトーチを手渡された野球日本代表監督の星野仙一さんが同26分、地元の小学生が演奏するファンファーレに送られてスタートした。コースは18.7キロ。午後0時半には、マラソン選手の野口みずきさんが80人目のランナーとして公園にゴールし、聖火台に火をつけた。

 世界各地での混乱を受け、警察当局は当初予定の6倍の約3千人で警備にあたる厳戒態勢を取った。聖火ランナーには中国側のスタッフ2人が伴走。これを透明のプラスチック製の盾を持った警察官数人が囲み、さらにその外側左右に約50人ずつ計約100人の警察官が人垣をつくる形で聖火を守りきった。

 途中、JR長野駅前で10番目を走っていたタレントの萩本欽一さんに対しチラシなどが投げ込まれたほか、神奈川県の男(30)が道路に飛び出した。19番目に卓球選手の福原愛さんが走った際には沿道からチベットの旗を持った台湾人の男(42)が飛び込もうとし、警備の警察官に取り押さえられた。51番目のランナーのときにも東京都の男(25)が飛び出して卵のパックを投げ込み、取り押さえられた。

 県警はこの3人をいずれも威力業務妨害容疑で現行犯逮捕。ゴール地点近くでも走者の列に飛び出した男を同容疑で、トマトを投げた男を暴行容疑で、それぞれ現行犯逮捕した。別の地点でも、男1人が車道に飛び出して取り押さえられた。

 1人のランナーが走る区間は200~300メートル。全員おそろいのウエアで走った。陸上選手の末続慎吾さんやスケート選手の岡崎朋美さんらも登場し、沿道の声援に手を上げて応えた。

 ただ、場所によっては沿道から怒号が飛び交い、多くのランナーが緊張した面持ちで聖火を運んだ。71番目に走ったスペシャルオリンピックス日本名誉会長の細川佳代子さんから、72番目の水泳選手の北島康介さんに引き継がれる際にトーチの火が消えて、つけ直されるなどのアクシデントもあった。

 一方、沿道には早朝からチベット暴動をめぐって中国に抗議する人や、逆に中国を応援しようという人らが詰めかけた。沿道や会場に集まったのは計8万5600人(主催者発表)。中国人留学生団体の代表によると、留学生は3千~4千人来たという。複数の場所でにらみ合いや小競り合いが起き、警察官が阻止する場面も相次いだ。日本の右翼団体と中国人の団体とのいざこざで中国人の男性が額にけがをする場面も。長野市消防局によると、この男性を含め、中国人男性計4人が病院に運ばれた。いずれも軽傷という。

 世界各地で聖火リレーへの抗議活動が起きるきっかけをつくった「国境なき記者団」(本部・パリ)のロベール・メナール事務局長は聖火への直接の妨害活動はしなかった。リレー終了後、「日本の福田首相も中国に圧力をかけてほしい。我々の今回の活動は成功した。中国とチベットとの対話の動きが出てきた。我々の活動がきっかけだったならうれしい」と話した。

 3月24日にギリシャ・オリンピアで採火された聖火は、ロンドン、パリ、サンフランシスコなどを経由して長野でのリレーが16カ所目。この後、ソウルや平壌、ベトナムのホーチミン市などを回る。

|

« 「母の日」を前に、切り花の出荷作業が始まった | トップページ | 「光市事件死者は1.5人」で謝罪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪の聖火リレー:

« 「母の日」を前に、切り花の出荷作業が始まった | トップページ | 「光市事件死者は1.5人」で謝罪 »