« インドの野良犬たち、捨てられた女児の命救う | トップページ | 田村正和、NEWS山下が初アニメーション »

2008年4月23日 (水)

樹齢1100年とされ、国の天然記念物にもなっている「臥龍(がりゅう)桜」

咲き誇る天然記念物、臥龍桜が満開 岐阜・高山

>

 樹齢1100年とされ、国の天然記念物にもなっている「臥龍(がりゅう)桜」(岐阜県高山市一之宮町)が満開となり、21日も大勢の観光客が訪れた。

 竜が臥(ふ)しているようにも見えることから名付けられた。高さ20メートル、枝張り30メートル。幹周りは7.3メートルに達し、日本を代表するエドヒガンザクラの大樹だ。

 90年代には樹勢が衰え、花数も激減したが、地元の旧宮村の村長だった大江哲雄さん(75)らが手入れを続け、年々回復。大江さんは「エドヒガンザクラの寿命の樹齢まであと400年は生かしてやりたい」と話している。

|

« インドの野良犬たち、捨てられた女児の命救う | トップページ | 田村正和、NEWS山下が初アニメーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 樹齢1100年とされ、国の天然記念物にもなっている「臥龍(がりゅう)桜」:

« インドの野良犬たち、捨てられた女児の命救う | トップページ | 田村正和、NEWS山下が初アニメーション »