« ディズニー・モバイルの2008年夏モデル | トップページ | 家電メーカー、電子マネー対応テレビを来春にも投入 »

2008年5月27日 (火)

シャロン・ストーンの「大地震はチベットの報い」発言で

「大地震はチベットの報い」発言で、シャロン・ストーン出演映画ボイコットへ―中国

2008年5月27日、ハリウッド女優シャロン・ストーンの四川大地震に対する発言をうけて、中国国内最大級のシネコン「UME華星国際影城」が、出演映画をボイコットする考えを明らかにした。捜狐網が伝えた。

シャロン・ストーンは、今月25日に閉幕した第61回「カンヌ国際映画祭」でインタビューに答え、四川大地震について、チベット問題に絡んだ「中国人への因果応報」と発言。香港の「蘋果日報」「太陽報」といった日刊紙がこれを伝え、“被災者への侮辱的発言”として、非難が一気に噴出している

香港電影工作者総会会長で、UME社を運営するン・シーユン(呉思遠)監督は26日、捜狐網のインタビューに答え、「彼女の発言は非常に不適切。中国市場での発展はとても難しいと考える」とし、中国でシャロン・ストーンの映画を今後一切放映しない、と話している。

ン監督はさらに、「彼女が今後、香港人監督と仕事をする機会はゼロに近いだろう。この発言が与えた影響は、非常に大きい」と話していた

|

« ディズニー・モバイルの2008年夏モデル | トップページ | 家電メーカー、電子マネー対応テレビを来春にも投入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャロン・ストーンの「大地震はチベットの報い」発言で:

« ディズニー・モバイルの2008年夏モデル | トップページ | 家電メーカー、電子マネー対応テレビを来春にも投入 »