« 1万円札を模したユニークなあぶらとり紙「拭沢油吉」 | トップページ | 化学物質ビスフェノールAが、現行の安全基準以下でも胎児や新生児に影響 »

2008年5月14日 (水)

淡いピンク色の花をつけた「モモイロタンポポ」

満開、タンポポなのにピンク色 長崎の植物園

 長崎市脇岬町の長崎県亜熱帯植物園で、淡いピンク色の花をつけた「モモイロタンポポ」が見頃を迎え、来園者たちを驚かせている。

 イタリア南部からバルカン半島が原産で、高さ30~40センチの茎のてっぺんに直径5センチほどの花を咲かせる。

 「春の植物園の目玉に」と、今年初めて約3千株を植えた。現在は満開で、5月末まで楽しめるという。

|

« 1万円札を模したユニークなあぶらとり紙「拭沢油吉」 | トップページ | 化学物質ビスフェノールAが、現行の安全基準以下でも胎児や新生児に影響 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 淡いピンク色の花をつけた「モモイロタンポポ」:

« 1万円札を模したユニークなあぶらとり紙「拭沢油吉」 | トップページ | 化学物質ビスフェノールAが、現行の安全基準以下でも胎児や新生児に影響 »