« 都が携帯回収へ 謝礼もあり? | トップページ | 和歌山電鉄貴志川線貴志駅たま駅長フランスのドキュメンタリー映画に出演 »

2008年5月15日 (木)

ポピーの花畑をつくろうと種をまき育ててみたら、ケシだった

ポピーの花畑…ケシでした あわてて焼却 茨城の河川敷

 ポピーの花畑をつくろうと種をまき育ててみたら、ケシだった――。茨城県下妻市などが主催して24日から始まる「小貝川フラワーフェスティバル」会場に、法律で栽培が禁じられているアツミゲシがあることが13日分かり、市職員とボランティアら約100人があわてて手で抜き、焼却処分にした。

>

 市によると、ケシは河川敷の約1ヘクタールにわたり咲いていた。ポピーの花の色は赤で、アツミゲシは薄紫。形状はよく似ているため、花が咲かないと区別ができないという。

 ケシの種は、市が昨年10月に購入した3種類のポピーの種に紛れ込み、ボランティアら400人がまいた。ケシだと気付いたのは下妻警察署。「麻薬と知らずに育ててしまった」ため、犯罪性なしと判断された。

 フェスティバルは21年目で、昨年は15万人が来場。ポピー500万本が咲き乱れる花畑を売り物にしている。

|

« 都が携帯回収へ 謝礼もあり? | トップページ | 和歌山電鉄貴志川線貴志駅たま駅長フランスのドキュメンタリー映画に出演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポピーの花畑をつくろうと種をまき育ててみたら、ケシだった:

« 都が携帯回収へ 謝礼もあり? | トップページ | 和歌山電鉄貴志川線貴志駅たま駅長フランスのドキュメンタリー映画に出演 »