«  NTTドコモ夏モデルの新機種を発表 | トップページ | 船場吉兆廃業「自業自得」の声 »

2008年5月28日 (水)

ZARDの坂井泉水さんの一周忌追悼公演が開かれた

<ZARD>一周忌記念ライブに9000人 「元気もらった」

 昨年5月に亡くなったZARDの坂井泉水さん(享年40)の一周忌に当たる27日、東京・国立代々木競技場第1体育館で追悼公演が開かれた。ステージでは27人のバンド演奏と、生前の坂井さんのライブ映像を合成。坂井さんがステージによみがえったような演出で、ヒット曲「負けないで」「揺れる思い」など35曲が流れ、約9000人のファンを熱狂させた。

 会場の外には約10メートル幅の献花台が設けられ、ファンが長い列を作った。坂井さんが好んだ白いカラーの花のほか、ライラック、あじさいなどであふれていた。入り口には坂井さんが描いた絵画5点が出迎え、来場者には「ライブに来て下さってありがとうございました 泉水」と坂井さんの直筆メッセージカードが配布された。

 栃木県から訪れたという50代の夫婦は「亡くなったことがまだ信じられない」と早すぎる死を悼み、神奈川県在住の30代の女性は「学生時代、入院していたときに『負けないで』を聞きファンになった。元気をたくさんもらいました」と目に涙を浮かべていた。

 昨年9月から、最終公演となったこの日まで全国13カ所、16公演が行われ、約4万8000人を動員。31日午前0時30分からは、テレビ朝日系で一周忌追悼番組も放送される

|

«  NTTドコモ夏モデルの新機種を発表 | トップページ | 船場吉兆廃業「自業自得」の声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ZARDの坂井泉水さんの一周忌追悼公演が開かれた:

«  NTTドコモ夏モデルの新機種を発表 | トップページ | 船場吉兆廃業「自業自得」の声 »