« 大卒就職率96.9%、過去最高=高卒は6年連続上昇 | トップページ | 色とりどりの花穂を空に向けて伸ばすラッセルルピナス »

2008年5月17日 (土)

涼を届ける「名古屋扇子」

毎度の酷暑、毎度の涼風 「名古屋扇子」組み立てピーク

 厳しい暑さの名古屋に涼を届ける「名古屋扇子」――。名古屋市西区の川瀬産業では夏用扇子の組み立て作業がピークを迎えている。

 同社2階では、藤の花や清流を泳ぐアユをあしらった和紙を職員が竹骨にさして、次々と扇子を完成させている。

 売れ筋は涼を感じさせる青を基調とした1本2千~3千円のもの。最近では名古屋城本丸御殿障壁画をモチーフにした扇子が好評だという。

|

« 大卒就職率96.9%、過去最高=高卒は6年連続上昇 | トップページ | 色とりどりの花穂を空に向けて伸ばすラッセルルピナス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼を届ける「名古屋扇子」:

« 大卒就職率96.9%、過去最高=高卒は6年連続上昇 | トップページ | 色とりどりの花穂を空に向けて伸ばすラッセルルピナス »