« インスタントカメラ突如好調 | トップページ | もしかして幸福の竹かも »

2008年6月14日 (土)

「平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震」

岩手・宮城内陸地震 震度6強M7.2 死者2人負傷多数

 14日午前8時43分ごろ、東北地方で強い地震があり、岩手県奥州市と宮城県栗原市で震度6強、北海道から愛知県までの広い範囲で震度6弱から1の揺れを観測した。気象庁によると、震源地は岩手県内陸南部で、震源の深さは約10キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は7.2と推定される。この地震で、午前11時50分現在の毎日新聞のまとめでは、2人が死亡、1人が心肺停止となり、75人が重軽傷。がけ崩れなどが多発しており、被害はさらに拡大する見通しだ。

 気象庁はこの地震を「平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震」と命名した。

 岩手県の達増拓也知事は午前10時50分、宮城県の村井嘉浩知事は午前11時10分にそれぞれ、自衛隊に災害派遣を要請した。

 各県警や自治体などによると、岩手県一関市東山町松川の千葉友三さん(60)が地震で近所の店舗から飛び出したところをトラックにはねられて死亡。福島県いわき市小浜町の海岸では、釣りをしていた同市(勿来、な、こそ)町窪田、石井道隆さん(55)が落石に当たって海に投げ出されて死亡した。胆沢ダム(奥州市胆沢区)の工事現場では、落石を受けた男性作業員が心肺停止状態となっている。

 一関市によると、同市真湯など4地区が、がけ崩れなどで道路が寸断されたため、少なくとも111人が孤立している。

|

« インスタントカメラ突如好調 | トップページ | もしかして幸福の竹かも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震」:

« インスタントカメラ突如好調 | トップページ | もしかして幸福の竹かも »