« サヴァン症候群 | トップページ | 東京ディズニーランドホテル »

2008年7月 3日 (木)

 純白のコーヒーの花

コーヒーの純白の花が最盛期 長崎・大村

 純白のコーヒーの開花が、長崎県大村市寿古町の観光コーヒー園「長崎スコーコーヒーパーク」(中島洋彦社長)で最盛期を迎えている。

 エチオピア原産アラビカ種約200本を栽培。長さ5センチほどの花びらが葉の付け根でいくつも開き、枝全体では100輪を超して棒状に見える木もある。1輪の見頃は2~3日ほど。つぼみを膨らませては咲き、しぼむ状態が秋口まで続く。来春には真っ赤に熟したコーヒーの実になり、収穫の季節を迎えるという。

|

« サヴァン症候群 | トップページ | 東京ディズニーランドホテル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  純白のコーヒーの花:

« サヴァン症候群 | トップページ | 東京ディズニーランドホテル »