« 嵐・大野の「大麻報道」騒動 | トップページ | 『今年の夏休みにすること』1位には【家でゆっくり過ごす】 »

2008年7月31日 (木)

白馬岳 大雪渓で雄大な造形美

白馬岳 大雪渓で雄大な造形美…登山客を魅了

 長野県白馬村の北アルプス・白馬岳(しろうまだけ)にある国内最大級の大雪渓では、最下部の残雪が風や雪解け水にえぐられて雄大な造形美を見せ、登山客を魅了している。

 雪渓は冬の雪崩と季節風の吹きだまりによってできる。白馬岳では標高差約600メートル、全長2キロに及ぶ。

 山岳ガイドの倉科光男さん(58)は「雪渓の下には雪解け水が川となって流れているので、決められた登山道を歩いてください。大雪渓上部のお花畑が迎えてくれますよ」と話している

|

« 嵐・大野の「大麻報道」騒動 | トップページ | 『今年の夏休みにすること』1位には【家でゆっくり過ごす】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白馬岳 大雪渓で雄大な造形美:

« 嵐・大野の「大麻報道」騒動 | トップページ | 『今年の夏休みにすること』1位には【家でゆっくり過ごす】 »