« わが子の笑顔、麻薬に似た効果 | トップページ | オオガハスが見頃 »

2008年7月15日 (火)

「CHANGE」の最終回瞬間最高31・2%を記録

キムタク「CHANGE」最終回は31・2%記録

 フジテレビ系で14日夜に放送された月9ドラマ「CHANGE」の最終回の平均視聴率は番組最高の27・4%だったことが15日、ビデオリサーチの調べ(関東地区)でわかった。最終回は30分拡大版で放送され、22時15分には瞬間最高31・2%を記録した。

 このドラマは木村拓哉さんが総理大臣役を演じたことで話題を呼んだ。この夜の後半には、総理が官邸から固定のテレビカメラを通じて約22分30秒もの間、ノーカットで国民に向けて語りかけ続けるという、テレビドラマ史上に残るシーンもあった。

|

« わが子の笑顔、麻薬に似た効果 | トップページ | オオガハスが見頃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「CHANGE」の最終回瞬間最高31・2%を記録:

« わが子の笑顔、麻薬に似た効果 | トップページ | オオガハスが見頃 »