« 「橋下岩おこし」売れ行き好調 | トップページ | 貧しいと感じている人ほど宝くじを買う傾向 »

2008年7月28日 (月)

「国際ガンダム学会」発足

「国際ガンダム学会」発足 アニメの中の未来都市を研究 

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」について学術的に研究する「国際ガンダム学会」が発足することになり、28日、広島経済同友会(山本一隆代表幹事)などが発表した。8月末に設立シンポジウムを広島市内で開催し、作品に描かれた未来都市の姿を研究する。

 学会は、社会学や建築工学の大学教授など有識者で構成し、橋爪紳也・大阪府立大学特別教授が会長に就任。作品の中で描かれている、人口の増加により宇宙に移民する時代「宇宙世紀」を経済学や社会学の観点で分析。作品が提示している未来像の実現可能性や、課題について議論する。
 「機動戦士ガンダム」は、昭和54年に放送された人気ロボットアニメシリーズ。「地球連邦軍」と宇宙に進出した「ジオン公国」との戦争を舞台に、主人公の少年たちが成長する過程を描いている。

|

« 「橋下岩おこし」売れ行き好調 | トップページ | 貧しいと感じている人ほど宝くじを買う傾向 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「国際ガンダム学会」発足:

« 「橋下岩おこし」売れ行き好調 | トップページ | 貧しいと感じている人ほど宝くじを買う傾向 »