« ケンシロウとユリアの“結魂式”開催 | トップページ | 北京五輪の少女が口パクだった件について »

2008年8月15日 (金)

青いハチ体長約1センチのルリモンハナバチ

青いハチ、絵本から飛び出した 阿蘇の草原で蜜集め

 熊本県南阿蘇村の葉祥明阿蘇高原絵本美術館の敷地に青いハチが飛び回っている。体長約1センチのルリモンハナバチ。今年も7月末から草原で蜜を集めている。

 葉山祥鼎(しょうてい)館長(59)は、このハチを主人公に絵本も作った。だが、青いハチの存在は「絵本の話でしょう」となかなか信じてもらえないことが多いという。

 本州、九州、四国に分布し、絶滅危惧(きぐ)種としている府県もある。「ハチは黄色という思い込みを捨てて心を開けば、今まで見えなかったものが見えてくる」と館長。

|

« ケンシロウとユリアの“結魂式”開催 | トップページ | 北京五輪の少女が口パクだった件について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青いハチ体長約1センチのルリモンハナバチ:

« ケンシロウとユリアの“結魂式”開催 | トップページ | 北京五輪の少女が口パクだった件について »