« 『男性に身に着けて欲しいと思う腕時計ブランド』 | トップページ | 内閣改造 自民幹事長に麻生氏 »

2008年8月 1日 (金)

芸舞妓らが師匠宅やお茶屋を訪ねあいさつをする「八朔(はっさく)」

舞妓はん「おめでとうさんどす」 師匠らにごあいさつ

 京都市東山区の花街(かがい)、祇園甲部(こうぶ)で1日、芸舞妓(げいまいこ)らが芸事の師匠宅やお茶屋を訪ね回って、感謝のあいさつをする行事「八朔(はっさく)」があった。

 京舞井上流五世家元、井上八千代さん宅には華やかな黒紋付きの正装をした芸舞妓らが次々と訪れ、「おめでとうさんどす」などとあいさつした。八朔は旧暦の8月1日のこと。花街では新暦のこの日、日ごろ世話になっている人たちに、お礼をする古くからの風習が残っている。

|

« 『男性に身に着けて欲しいと思う腕時計ブランド』 | トップページ | 内閣改造 自民幹事長に麻生氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芸舞妓らが師匠宅やお茶屋を訪ねあいさつをする「八朔(はっさく)」:

« 『男性に身に着けて欲しいと思う腕時計ブランド』 | トップページ | 内閣改造 自民幹事長に麻生氏 »