« 北島選手、百で金 | トップページ | 日テレ大食い番組二十数皿を「48皿」 »

2008年8月11日 (月)

日本茶専門店の「特大かき氷」

下北沢・日本茶専門店の「特大かき氷」が人気-休日は長蛇の列も

 下北沢の日本茶専門店「しもきた茶苑大山」(世田谷区北沢2、TEL 03-3466-5588)が夏期限定で販売を行っている高さ20センチの特大かき氷が、今年も人気を集めている。

 同店の喫茶室は2003年にオープン。席数は10席。通常営業では日本茶インストラクターの資格を持つ店主の大山泰成さんが入れた茶や菓子、冬場には「ぜんざい」なども提供する。

 6月下旬~10月ごろ頃までの期間限定でかき氷を提供し始めたのは3年前から。店主の大山泰成さんは「かき氷は氷の温度によっても食感が大きく変わる。氷の温度を適温にして氷を削る刃の方向を変えながら薄くひくことで、口の中でスッと溶けるふわふわとした食感を出している」と話す。

 人気メニューは「抹茶あずき」(800円)と自家焙煎(ばいせん)の茶を使用した「ほうじ茶」(700円)。今年から好みの蜜(各50円)を複数選ぶことが出来る「素氷」(500円)を発売。メニュー表にはない「裏メニュー」だが、糖分を含まない「無糖抹茶」(1,000円)をオーダーすることもできる。

 大山さんは「当店の基本はお茶。かき氷を通して、夏の暑い時期にでも皆様にお茶を楽しんでいただけるかたちを提案していきたい」と話している。

 営業時間は14時~18時(喫茶室)、10時~20時(茶販売)。

|

« 北島選手、百で金 | トップページ | 日テレ大食い番組二十数皿を「48皿」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本茶専門店の「特大かき氷」:

« 北島選手、百で金 | トップページ | 日テレ大食い番組二十数皿を「48皿」 »