« 階段を下りると、そこはひんやりとした秘境 | トップページ | 愛犬にも必要 熱中症予防 »

2008年8月 4日 (月)

「高山植物の女王」と言われるコマクサの花

コマクサ 涼風にそよぐ「女王」見ごろ 長野・北アルプス

 本格的な夏山シーズンを迎えた北アルプスで「高山植物の女王」と言われるコマクサの花が咲き、登山者の目を楽しませている。

 長野県側の蝶ケ岳(標高2677メートル)の尾根では、槍ケ岳をバックにピンク色の花弁が涼風にそよいでいる。花の高さは5~15センチ。馬の顔に似た形から「駒草」の名が付いた。

 他の植物が生えない高山帯の砂や石の斜面に根を下ろし、花が咲くまで何年もかかる。厳しい環境で美しい花を咲かせるため「女王」と呼ばれる

|

« 階段を下りると、そこはひんやりとした秘境 | トップページ | 愛犬にも必要 熱中症予防 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「高山植物の女王」と言われるコマクサの花:

« 階段を下りると、そこはひんやりとした秘境 | トップページ | 愛犬にも必要 熱中症予防 »