« 白壁の町並みに、真っ赤な金魚ちょうちん | トップページ | ビールを飲めない若者が増える中、甘いビールが増えている »

2008年8月 7日 (木)

クロックス専用のアクセサリーで足のつめをはがすなどの軽傷事故

サンダル事故 クロックス社製、飾りでけが…今年4件

 米クロックス社製サンダルに専用のアクセサリーをつけた人が足のつめをはがすなどの軽傷事故が今年4件起きていることが分かった。経済産業省は事故原因の調査を始めた。

 経産省やサンダルを販売する「クロックス エイジア プライベート リミテッド」日本支社(東京都)によると、アクセサリーは、花やチョウなどの形をした「ジビッツ」と呼ばれるこのサンダル専用のもの。サンダルの甲の穴に自由に飾り付けられるが、内側に留め具がついている。

 宮城県の女性(19)が6月、アクセサリーのついたサンダルを履いていたところ、伸ばしていた左中指のつめの一部がはがれる軽傷を負った。愛知県などでも、子どもが親指のつめをはがしかけて軽傷を負う事故が3件あったという。留め具がつめに引っかかったとみられる。

 同社製のサンダルは若者に人気だが、軟らかく伸びやすい樹脂を使っているため、先の部分がエスカレーターに巻き込まれる事故も相次ぎ、けが人も出ている

|

« 白壁の町並みに、真っ赤な金魚ちょうちん | トップページ | ビールを飲めない若者が増える中、甘いビールが増えている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロックス専用のアクセサリーで足のつめをはがすなどの軽傷事故:

« 白壁の町並みに、真っ赤な金魚ちょうちん | トップページ | ビールを飲めない若者が増える中、甘いビールが増えている »