« こんにゃくゼリーで幼児窒息死 | トップページ | ギョリュウモドキの出荷作業 »

2008年9月30日 (火)

千畳敷カール 紅葉、山肌を駆け下りる 

千畳敷カール 紅葉、山肌を駆け下りる 列島に深まる秋

 中央アルプス登山の玄関口として知られる千畳敷カール(長野県駒ケ根市、宮田村)で、ナナカマドやダケカンバなどの紅葉が見ごろを迎えている。

 カールとは氷河が山肌を削った跡のことで、約2600メートルの高さにある千畳敷は、厳しい気象条件などのため、木々の色付きがまばらなことも多いが、今年は、ここ数年で最も美しいという。紅葉は今後、山肌に沿って標高約800メートルの駒ケ根高原まで1ケ月ほどかけて降りていく。

|

« こんにゃくゼリーで幼児窒息死 | トップページ | ギョリュウモドキの出荷作業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千畳敷カール 紅葉、山肌を駆け下りる :

« こんにゃくゼリーで幼児窒息死 | トップページ | ギョリュウモドキの出荷作業 »