« 網膜ディスプレイ、ブラザーが2010年に発売へ | トップページ | 京都観光は着物でどうぞ »

2008年9月 6日 (土)

水面に薄紫の花が立ち、初秋の風に揺れる

メダカの学校は花ざかり、ホテイアオイ30万株

 水面に薄紫の花が立ち、初秋の風に揺れる――。古代からの水銀坑跡の残る三重県多気町丹生の「大師の里・メダカ池」で、約30万株のホテイアオイの花が見ごろを迎えている。

 地域の住民らが、13年前から荒れた休耕田を整備し、メダカやタガメ、ゲンゴロウなど50種類の生き物があふれる「農村ビオトープ」に再生。約2200平方メートルの池にホテイアオイを植え、水面に影を落とす涼しげな花で地域おこしを試みる。

 14日には、周辺で「第13回大師の里ホテイアオイとメダカまつり」が開かれる。「田んぼのコンサート」や「メダカ観察会」、竹細工体験などのイベントで田舎の魅力を楽しんでもらう。

|

« 網膜ディスプレイ、ブラザーが2010年に発売へ | トップページ | 京都観光は着物でどうぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水面に薄紫の花が立ち、初秋の風に揺れる:

« 網膜ディスプレイ、ブラザーが2010年に発売へ | トップページ | 京都観光は着物でどうぞ »