« 福田首相、辞任表明 | トップページ | 角質が簡単に良く取れるスクラッチ »

2008年9月 1日 (月)

コーヒーを1日3杯以上飲む女性は子宮体がんになる危険度が約6割も低い

コーヒー3杯で子宮体がん予防

 コーヒーを1日3杯以上飲む女性は、ほとんど飲まない女性に比べ、子宮体がんになる危険度が約6割も低いとの疫学調査結果を、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)が1日発表した。

 子宮体がんは、肥満や糖尿病の人、女性ホルモンの働きの活発な人がなりやすいとされる。研究班の島津太一国立がんセンター研究員は「コーヒーが血糖値を下げたり、女性ホルモンの働きを調整したりすることで危険度を下げているのではないか」と話している。

 調査は、岩手、大阪など9府県の40~69歳の女性約5万4000人を平成2年から最長で15年追跡。この間に117人が子宮体がんと診断された。

 調査開始時にコーヒーを飲む習慣について聞き取り、量によって4つのグループに分けて関連を調べた。飲む頻度が週に2日以下というグループと比較すると、毎日1、2杯飲む人で約4割、毎日3杯以上飲む人では約6割、発症の危険度が低かった。

|

« 福田首相、辞任表明 | トップページ | 角質が簡単に良く取れるスクラッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーを1日3杯以上飲む女性は子宮体がんになる危険度が約6割も低い:

« 福田首相、辞任表明 | トップページ | 角質が簡単に良く取れるスクラッチ »