« 水面に薄紫の花が立ち、初秋の風に揺れる | トップページ | 昼ドラに「R35」ミュージシャン総出演へ! »

2008年9月 6日 (土)

京都観光は着物でどうぞ

京都観光は着物でどうぞ 駅ビルでレンタル、着付けも

 新幹線を降りたら着物姿に変身――。京都駅ビル開発は10月20日から、JR京都駅構内で観光客に着物をレンタルするサービスを始める。約120着から自由に選ぶことができ、プロが着付けをしてくれる。夜8時まで借りられるので、着物でたっぷりと市内観光やディナーを楽しめる。

 着付けは駅ビル7階の「東広場北ピロティ」で、午前9時40分から午後4時まで行う。貸し出しは12月8日までで、1日につき女性60人、男性14人。需要があるとみて昨年初めて実施したところ、人気を集めた。今年は貸し出し人数を倍増し、返却時間を1時間延長した。

 料金は着物の種類により3千円または5千円(税込み、着付け料を含む)。ショールや着物に合うバッグも各500円で借りられる。午後1時までに着付けを受けるには、ホームページ(http://www.kyoto-station-building.co.jp/kimono/)で事前予約が必要。予約は10月1日から受け付ける。

|

« 水面に薄紫の花が立ち、初秋の風に揺れる | トップページ | 昼ドラに「R35」ミュージシャン総出演へ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都観光は着物でどうぞ:

« 水面に薄紫の花が立ち、初秋の風に揺れる | トップページ | 昼ドラに「R35」ミュージシャン総出演へ! »