« マツバボタンが咲きそろい、なだらかな丘の斜面に濃いピンクと白のしま模様を描き出した。 | トップページ | 「アロハえだまめ」が子供のみならず大人にも大人気 »

2008年9月 3日 (水)

<PSP>新型機は10月16日発売 液晶改良、据え置き価格で

PSP新モデル、10月16日に国内発売決定


 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは2日(火)、都内で年末戦略会見を行い、携帯用ゲーム機のプレイステーションポータブル(PSP)の新モデル『PSP-3000』を10月16日(木)に発売することを発表した。価格は従来の機種と変わらず1万9800円で、カラー展開は3色。また、2万4800円のバリューパックも同時発売される。

 同機種はよりクリアになった液晶ディスプレイ、内蔵マイクのほか、ビデオ出力機能を拡張し、ゲームのインタレース出力にも対応しているのが特長。従来のピアノ・ブラックのほか、パール・ホワイト、ミスティック・シルバーの3色が同時発売となる。これらのカラーバリエーションは、ACアダプタやバッテリーに加え4GBのメモリースティック PRO DUOなどが付いたバリューパックにも適用されるという。

 また、同会見ではPSP本体から同社のネットストア『プレイステーションストア』に直接アクセスできるサービスを今秋に開始することを明言したほか、“機動戦士ガンダムVS.”シリーズの2年ぶりの新作となった『機動戦士ガンダム ガンダムVSガンダム』(バンダイナムコゲームス 11月20日(木)発売予定)、マルチプレイ対応の『パタポン2ドンチャカ♪』(ソニー・コンピュータエンタテインメント 11月27日(木)発売)、ファイナルファンタジー誕生20周年記念作『ディシディア ファイナルファンタジー』(スクウェア・エニックス 12月18日(木)発売)などのタイトルも発表された。

 PSPは2004年12月に初代モデル『PSP-1000』を、2007年9月には次世代モデルの『PSP-2000』を発売。爆発的ヒットを記録しているゲーム『モンスターハンター』シリーズの影響もあり、2008年は1~8月で本体390万台、ソフト1850万枚を売り上げている。

 前日の1日(月)にはマイクロソフトが家庭用ゲーム機『Xbox』の値下げと増強モデルの発売を発表している。

|

« マツバボタンが咲きそろい、なだらかな丘の斜面に濃いピンクと白のしま模様を描き出した。 | トップページ | 「アロハえだまめ」が子供のみならず大人にも大人気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <PSP>新型機は10月16日発売 液晶改良、据え置き価格で:

« マツバボタンが咲きそろい、なだらかな丘の斜面に濃いピンクと白のしま模様を描き出した。 | トップページ | 「アロハえだまめ」が子供のみならず大人にも大人気 »