2008年7月15日 (火)

新車購入者が広告を車両に取り付けるカーバイト

広告付の新車、6万円サポート…トヨタ カーバイト

トヨタ自動車は、新車購入者が広告を車両に取り付けることで報酬を得る新たな新車購入サポート「カーバイト」を開発して導入すると発表した。

15日から北海道では、ネッツトヨタ札幌、ネッツトヨタ道都を通じ15台限定、神奈川県では、トヨタカローラ横浜、トヨタカローラ神奈川、ネッツトヨタ横浜、ネッツトヨタ神奈川、ネッツトヨタ湘南を通じて50台限定で販売する。

カーバイトは、トヨタ車を新車で購入する際、スポンサー企業の広告を車両に取り付け、一定距離の走行を行うことで、所有者が総額6万円の報酬を受け取るというもので、トヨタとして初の試みとなる。

デザイン性の高いラッピングを車体に広告として取り付け、スポンサーより広告収入を得ることで経済的な負担を軽減、若年層を中心に、カーライフの楽しさや生活の広がりを感じてもらうのが狙い。

スポンサーについては、北海道が北海道テレビ放送、神奈川県がUSENに決定している。15日から北海道では『bB』15台、神奈川県では『カローラフィールダー』、『カローラルミオン』、bBの3車種で計50台を、限定で販売する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

BMW 最上級の四輪駆動車を発売

BMW 最上級の四輪駆動車を発売

独BMWの日本法人は24日、新型の四輪駆動車「X6」を発売した。同社の四輪駆動車「Xシリーズ」の最上級車種。車体の底をスポーツタイプ多目的車(SUV)並みに高くし、荒れた路面でも走りやすくしたほか、外観には曲面を多用して優雅な印象に...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

「ポルシェの男性」よりも「プリウスの男性」のほうが好き:米国女性の調査

ニュース速報+ 2008/05/27(火) 15:10:21 勢いランキング

9位【調査】女性は「ポルシェの男性」よりも「プリウスの男性」のほうが好き…米.勢い:6329.8870249914;スレが立った時間:2008/05/27(火)14:21:23;・女性は何をセクシーだと思うのだろうか?どうやら、女性はハイブリッド車をセクシーと思う...

「eco」は普及率ゼロから100%を産む「打ち出の小槌」

●アメリカの女性調査で、「ポルシェの男性よりもプリウスの男性の方が、好ましい」という結果が出たという。「ポルシェの男性」よりも「プリウスの男性」のほうが好き:米国女性の調査(WIREDVISION)-gooニュース●エコに気遣う男性の方が、女性の...

「最新型の高燃費自動車を所有する男性」と「最新型のスポーツカーを ...

「ポルシェの男性」よりも「プリウスの男性」のほうが好き:米国女性の調査(ソース:WIREDVISION、Yahoo!ニュース)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080527-00000001-wvn-sci.環境問題を考えてハイブリッド車に乗ることは結構なことだと思います...

低燃費がセクシー

「ポルシェの男性」よりも「プリウスの男性」のほうが好き:米国女性の調査(WIREDVISION).女性は何をセクシーだと思うのだろうか?どうやら、女性はハイブリッド車をセクシーと思うらしい。ハイブリッド車には若い女性を惹きつける魅力が...

「ポルシェの男性」よりも「プリウスの男性」のほうが好き:米国女性の調査

「ポルシェの男性」よりも「プリウスの男性」のほうが好き:米国女性の調査これはトヨタの広告ですか?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080527-00000001-wvn-sci....

女性は、「「ポルシェの男性」よりも「プリウスの男性」のほうが好き ...

「ポルシェの男性」よりも「プリウスの男性」のほうが好き:米国女性の調査.NationalSurveyFindstheQuestforFuelEfficiencyIsChangingAmericans'CarConsciousness.ガソリン価格が高くなっているし、やはり時代は、ハイブリッドでしょう!...

ポルシェ男よりプリウス男のほうがセクシーアメリカ

「ポルシェの男性」よりも「プリウスの男性」のほうが好き:米国女性の調査(WIREDVISION)-gooニュースディカプリオもプリウスですよね。。。まあ、私も外車は興味ないのでプリウスの方が好きだけど。。。環境にやさしい=クール!...

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年3月29日 (土)

2007年の燃費の良いガソリン乗用車ベスト10

燃費の良い車、07年のベスト10を発表 国交省

国土交通省は28日、2007年の燃費の良いガソリン乗用車ベスト10を公表した。最も燃費の良いガソリン乗用車は、小型・普通自動車ではトヨタ『プリウス』(35.5km/リットル)、軽自動車ではダイハツ『ミラ』(27.0km/リットル)だった。

燃費は、法令により定められた走行パターンである10・15モードを全車一律に適用した場合の燃費値で、ユーザーが実生活で車を使用して得られた燃費(実用燃費)を統計処理したものではない。

実用燃費では、IRIコマースアンドテクノロジーが27日に「e燃費アワード」として、車のタイプ別に、輸入車も含めて12部門のランキングを発表している(国交省は2部門)。プリウスはe燃費アワードでは小型セダン/ワゴン部門でトップ、軽自動車部門はスバル『R2R』が首位に位置している。

国交省リストの対象は、07年末現在販売されているガソリン乗用車で、自動変速機を有するもの(AT車またはCVT車)。ユーザーにより有用な情報を提供できるよう、市販車の約96%を占めている自動変速機車のみを対象とした。

また国交省は、ベスト10を発表するとともに、自動車(型式認証を受けた自動車に限る)の燃費性能を整理した冊子「自動車燃費一覧」を作成した。

国交省のリストは複数の車種を同一条件で走らせた場合の燃費を比較できるが、実世界では、たとえば長距離巡航が多ければ燃費は良くなり、反対にストップ&ゴーが増えれば燃費は悪くなるように、車の使用環境によって燃費は大きく変わる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

クラシックカーが銀座パレード 

 クラシックカーが銀座パレード 買い物客びっくり

 ◇ロールスロイスやジャガー、ポルシェなどの72年までに製造されたクラシックカー約120台が22日、東京・銀座の中央通りをパレードした。23日も千葉県成田市や銚子市などを走り、同日夕、都内に戻る。

  ◇「物を大切に」というメッセージを込め、各地のロータリークラブが協力して毎年開催。5回目となる今年、地元商店や百貨店などの協力で、約240人のドライバーが初めて銀座を走った。

 ◇驚いた買い物客は足を止め、手を振ったり、カメラを向けたり。重厚な往年の名車は、おしゃれな街並みにぴったり。人も車も年を重ねるほど「銀ブラ」がよく似合う?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月12日 (水)

トヨタ世界最小の「iQ」を年内発売

<トヨタ>超小型車を年内発売へ 環境に配慮した4人乗り 

 トヨタ自動車は、4人乗り量産車では全長2.985メートルと世界最小の「iQ(アイキュー)」を年内に発売する。排気量1000CC程度のエンジンを搭載し、軽自動車より力強い走りの一方、二酸化炭素(CO2)の排出量はハイブリッド車「プリウス」より少ない。環境に配慮した超小型車として、都会向けにアピールする。

 iQは2ドアで幅1.68メートル、高さ1.5メートル。小型車「ヴィッツ」と比べて全長は80センチ短いが、幅と高さはほぼ同じで大人3人と子供1人が座れる。走行1キロあたりのCO2排出量は99グラムでプリウス(104グラム)より少ない。国内に続いて欧州でも発売する。価格は未定

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年3月 1日 (土)

ホンダは新開発大型二輪車「DN-01」発売

オートマ大型二輪、31年ぶり復活 ホンダ

 ホンダは新開発の無段変速機を搭載した大型二輪車「DN-01」(総排気量680cc)を3月7日に発売する。スクーター以外でクラッチ操作がいらない大型二輪車が国内で発売されるのは、1977年に同社が発売した「エアラ」以来31年ぶりだという。国内市場が低迷する中、簡単な操作で初心者や年配者を取り込む狙い。年間販売目標は3000台で、税込み123万9000円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

「007」気分、水中でも走行できる乗用車を開発

「007」気分で水中ドライブはいかが=スイスのメーカーが潜水乗用車を開発

>

スイスの自動車メーカー、リンスピード社は15日、ジェームズ・ボンドばりの水中でも走行できる乗用車を開発したと発表した。3月にジュネーブで開かれる国際モーターショーでお目見えする。
 この水陸両用自動車はスキューバと命名された。「007」シリーズの英諜報機関員ジェームズ・ボンドの大ファンの同社社長は、「ここ30年間、どのようにすれば水中を自由に走る乗用車を作ることができるかを考え続けてきた。やっと夢が実現した」と語った。
 スポーツカータイプのスキューバは、乗っている人は水中では酸素マスクをつけて呼吸する。同社長は、防水や水圧など解決しなければならない難しい問題はあったが、最も苦労したのは水中で魚のように動かすことだったと述べた。
 電気モーターで推進するスキューバは、10メートルの深さまで潜航が可能。オープンカーのスタイルにしたのは、水中で緊急事態が起きた際に乗っている人がいち早く脱出できる安全面を考えたのと、窓を閉め切るタイプにした場合に掛かる大きな水圧を避けるためだという。
 スキューバは、ジュネーブで開かれる国際モーターショーで3月4日に報道関係者に公開され、6日から16日まで一般に公開される。同社はこの日の発表では、スキューバの値段は明らかにしなかった。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

ベンツ6万台リコール

ベンツリコール

ベンツでリコールなんてちょっと驚き。値段とブランドで安心して買ってる人が多いだろうし、今後は気をつけて欲しいなぁ。私が買う事はないだろうけど・・・。・売って新車ゲット!◆車売るなら高く車売る方法ベンツ6万台リコール...

ベンツ6万台リコール

独ダイムラーの日本法人は4日、「E320」などメルセデス・ベンツの乗用車計28車種の燃料装置部分に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象は2002年2月から今年4月までに輸入された6万4550台。...

ベンツ6万台リコール

ベンツ6万台リコールベンツでリコールが発生しているみたいです。リコールの状況は「①燃料タンクの空気調整弁の材質が不適切で、弁に亀裂が発生し燃料が漏れる恐れがある。」とのことです。対象車のうち「E55」など3車種の2664台には、②「燃料...

ベンツ6万台リコール

最近トヨタのリコールがひそかにあったんですが、今度はベンツみたいですね。なんと約5年分のリコールがあるそうです。台数に直すと6万台を超えるとか。燃料が漏れる恐れがあるということでリコールされるみたいです。ベンツって頑丈でつくりが...

最新ニュース:あのベンツが6万台リコールへ

「E320」などメルセデス・ベンツの乗用車計28車種の燃料装置部分に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出たとの事です。その数、6万4550台。夢がなくなっちゃったなぁ。ベンツ6万台リコール...

ベンツ6万台リコール

「E320」などメルセデス・ベンツの乗用車計28車種の燃料装置部分に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出たとの事。その数、6万4550台。夢のある話が聞きたいなぁ。ベンツ6万台リコール...

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月25日 (木)

日産『GT-R』正式発表

【日産GT-R 発表】誰でも、どこでも、どんな時でも最高のスーパーカー

6年前の第35回東京モーターショーでカルロス・ゴーン社長が、2007年の発売を明言した日産『GT-R』が遂にきょう開幕した第40回東京モーターショープレスデーにおいて正式発表された。

従来のGT-Rは『スカイライン』の特別モデルという位置付けであったが、新生GT-Rは日産の技術力をフルに発揮し、日産のテクノロジーフラッグシップに進化した。日産自ら「新次元マルチパフォーマンス・スーパーカー」と明言するだけあり、国産車の常識を覆す高性能を実現している。

日産GT-Rの開発を取りまとめた水野和敏さんは「日産GT-Rはサーキットはもちろん、アウトバーンのような公道でも300km/hで走ることができる実力をもった日本初のスーパーカーです。さらに、GT-Rの最大の魅力は、この高性能を誰でも、いつでも、どこでも味わっていただけることです」

「性能についての妥協はいっさいしていませんが、日常的な扱いやすさや雪道での走行性能もしっかりと確保していますし、300km/hで走っていても助手席の人と会話ができる、高速安定性と静粛性を実現しています」

「この性能を実現するためにGT-Rはボディからエンジン、トランスミッション、タイヤに至るまですべてを専用開発しました。この開発が実行できたのもカルロス・ゴーンCEOのバックアップがあったからです」と話す。

実際に専用の3.8リットルツインターボは国産量産車最強の480psを発揮し、さらにクラッチやミッションなどを車両後方に配置する、独立型トランスアクスル4WDを採用している。トランスミッションも6速MTをベースとした2ペダルのデュアルクラッチミッションを新開発している。

今まで完璧な秘匿管理のもとで、GT-Rの全貌はベールに包まれていたが、ここまで徹底的な専用開発が行なわれ、スーパーカーと呼べるクルマに仕上がっていることは誰も予想することができなかったに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧